育児から介護まで

皆に優しいイメージの看護師

結婚とは、今までほとんど関わりのなかった人たちと新しく親戚となり、家族になるということです。確かに社会は変わってきたため、以前のように濃密な親戚付き合いをする地域は減ってきたとはいえ、冠婚葬祭は欠かせない大事なことです。特に高齢者や子供と親しく付き合うことは、同年代の大人と接するするよりも大変でスキルが必要なのです。逆に言えば、高齢者と子供に好かれるならば、その人は心優しくて誰にでも好かれる女性といえます。
看護師を目指す人の中で面倒見の悪い人や、人間付き合いそのものが嫌いな人はいないです。普段の看護で幅広い年代の人とコミュニケーションをとることに慣れています。さらに、病気や怪我というストレスが溜まった状態の人間と常に接しているので、我慢強いともいえます。そんな看護師は、実は結婚率が低いということをご存知でしょうか。これは男性から敬遠されるという理由ではなく、仕事自体が充実していて忙しいことが主な原因とされます。しかしながら、結婚をあきらめる必要はありません。看護師と言えば別名「白衣の天使」で、男性からも彼女にするのに憧れの職業として、常にトップクラスの人気を誇っています。また、国家資格職なので出産等でキャリアをいったんストップしても、比較的再就職に困難が少ないのも魅力のひとつです。結婚したのをきっかけに夜勤のない診療所に勤めるなど、自分のライフスタイルやライフプランによってさまざまにキャリアを構成できます。これも看護師という職業の特権のひとつといえるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です