育児から介護まで

高齢者との関わり

高齢化社会が続いている今、看護師として働いている女性は、老人を大切にすることが重要です。言うまでもなく、患者の中には年齢を重ねた人が多いと言えるでしょう。介護系の資格を所持することもときには求められる職業なので、そういったことを常日頃から意識しておきたいところです。
医療関係の仕事に携わると心に誓った日から、高齢者について頭の中に入れておきましょう。他人に言われなくてもそのように思っている人はほとんどのはずですが、それでも忙しい時に全く体を動かすことができない老人の相手をする時、何かとイライラしてしまうことがある人もいます。しかし、そこで罪悪感を感じる必要も特にないでしょう。やはり看護師である前に1人の人間である以上、うまくいかないときは、どんなに相手がか弱い存在でもイライラしてしまうことがあります。そういった気持ちから逃げるのではなく、しっかりと受け止めてどのように解消すれば良いのかを考えるようにしましょう。自分で考えてもわからないときは慣れている仕事仲間、もしくは婦長さんなど身近な人に相談したり、話を聞かせてもらうことをお勧めします。まだまだ高齢化社会が続き、社会福祉問題は深刻家を続けることでしょう。だからこそ、看護師の存在は老人にとっても非常に貴重です。ナイチンゲールになれとまでは言いませんが、少なくともそういった患者さんから頼られるような存在になりましょう。そうすれば面倒を見る側としても、さらに仕事にやりがいを感じられるようになります。

看護師目線で介護について考える・・・http://kangoshimesen-koureikashakaitaisaku.net



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です